投資信託って何?資産運用初心者には投信の積立がおすすめ

こんにちは!ゆるふわ資産形成のエイミー(@amy_honobono)です!

最近は資産運用や投資などの言葉を聞く機会が増えましたが、何から手を着けようか迷っている人に私がおすすめしたいのが「投資信託の積立買い」です。

今日の記事では「投資信託って何?」という基本から、なぜこれが初心者におすすめなのか、そして投資信託のデメリットなどを出来るだけ分かりやすく紹介していきます。

ちなみに、YouTubeでも解説動画アップしてます。

耳だけでも大体分かるようになっているので、ながらで聞きたい方はこちらをどうぞ(*・ω・*)♪

投資信託って何?

投資信託って何ですか?と聞かれたら、一言で答えるなら「色んな株や債券のセット買い商品」です。

略して「投信」と言われたりもします。

投資と聞くとまずは株を思い浮かべる人も多いと思いますが、株を買ってみよう!と思っても日本株だけでも何種類あるんだよってくらい沢山あって、そもそも初心者は何をどうやって買えば良いかが分からない可能性が高いです。

そこで投資信託では、みんなから預かったお金をプロ(ファンドマネージャーと言ったりします)が良さそうな株式を見繕ってうまく投資をしてくれるわけです。

1つの投資信託を購入すれば、A社株、B社株、C社株…と色々な会社の株をまとめて購入することが可能になるのです。

投資信託の価格はどう決まる?

投資信託の価格は1日1回、中に含まれている株などの価格に応じて決まり、これを「基準価格」と言います。

株の場合は取引が行われている間(市場が開いている間)常に買いたい人・売りたい人のせめぎ合いによって価格が変動します。

一方で投信は一日一回、その日の株価の値動きにあわせて価格が決まるのです。

投資信託にはどんな種類があるの?

株の投資信託を例にしていましたが、投資信託には「債券」や「不動産」、「コモディティ」などに投資するものもあります。

そして株式の投信の中でも「日本株のみに投資する」「アメリカ株に投資する」などどこの国に投資するかで色々な種類の投信があります。

なので投信の種類は大きく分類していけば、「どこの国の」「何に」投資するかで色々な種類があるのです。

株は沢山種類があって選ぶのも大変、と冒頭で書きましたが、実は投資信託も種類は沢山あります。

例えば楽天証券で購入出来る投信の種類は2500種類以上あります(O_O)

でも安心してください、株に比べれば投資信託は選び方のポイントがず〜っとシンプルですし、この2500本以上の投信の中でぶっちゃけちゃんとおすすめ出来る投信は10分の1くらいになります。

投資信託の選び方のポイントは次回のブログで詳しく解説していきますね。

投資信託が初心者におすすめな理由

少額から始められる

投資信託の一番のメリットは少額から始められることです。

自分で個別の株を購入する場合には、日本株の場合は「単元株数」というのが決まっており、最低でも「株価×単元株数」の単位でないと購入出来ません。

単元株数は大体100株のものが多いですが、1000株という単位のものもあります。

例えば誰もが知っている大企業「トヨタ」の株は、現在(2020/2/10)の株価が7700円くらい、単元株数は100株ですから、最低でも77万くらいの現金がないと購入することが出来ないわけです。

その点投資信託は最低100円から購入が出来て、1円単位で購入金額を指定することも出来ます。

少ない資産でも分散投資が可能

株式投資を行う上では、出来るだけリスクを少なくするためには「分散投資」と言って色々な株や株以外の資産に分散して投資することが推奨されています。

投資において使われる「リスク」という言葉は一般の方が使う「リスク」とは少し違った意味合いもあるのですが、ここでは「リスク」は「投資したお金よりも減ってしまう可能性」のようなイメージでいて大丈夫です。

例えば、A社の株のみしか持っていなかった場合、万が一A社が倒産してしまった場合にはその株は紙切れになってしまいます…。

怖いですね。

だけど、A社の株もB社の株もC社の株も持っていた場合、万が一A社が倒産してしまったとしても、資産がすぐにゼロになってしまうということはありません。

前述しましたが株には最低購入単位というのがあり、自分でA社、B社、C社の株を全て購入しようとするとかなりの資金が必要になります。

投信は少ない資金でも色んな商品に分散投資が出来る、というのが大きなメリットになります。

勿論、投資中の株が倒産したり、価格が下がったりするのは嬉しいことではありませんが、その会社の株のみに投資していた場合に比べたらずっと損失を抑えることが出来ますね。

積立買いが出来る

もう一つ、投資信託の良いところの一つが、積立買いが出来ることです。

「毎月1万円ずつこの投信を買う」のように一定額ずつコツコツ購入していく設定が出来るのです。

個別株の場合は単元株が決まっているので「毎月1万円ずつ購入」のような設定は難しいのです。

そして多くの人は「余った分を貯金をしよう」と思っていても永遠に貯金出来ない生き物なので、毎月決まった額を天引き貯金するのがお金を貯める上で良いのですが、投資信託はその天引き貯金で毎月少しずつ購入していくのにはぴったりです。

また、毎月一定額積み立てると

  • 価格が高い時は少なく買う
  • 価格が低い時は多く買う

というのを自然と行うことになります。

例えば毎月10000円ずつ投信を購入する設定にしておけば、

  • 基準価格が10000円⇒10000口
  • 基準価格が8000円⇒12500口
  • 基準価格が12000円⇒8333口

だから何?と思われるかもしれませんが、「高い時には少なく買って、値下がりしている時に沢山買う」って、人間の心理的に自分でやろうとすると案外難しいんですよ。

それを機械的にやってくれる、この積立投資による効果をドルコスト平均法と言います。

こうすると、例えば「毎月10000口買う」と口数を決めて買うよりも、平均の取得単価を下げることが出来るのです。

投資信託のデメリット

初心者が資産運用を始める時にはまずは投資信託がおすすめですが、デメリットも勿論あります。

投資信託のデメリット
  • プロに運用を任せるための手数料がかかる
  • 選ぶものによっては全然儲からない
  • 小さな会社だと運用自体をストップしてしまうものもある
  • 投資としては一旦買ってしまえばすることがなくてつまらない
  • 大儲けは出来ない

そうなんです、投資信託はプロが選んでくれるんだし、少ない価格で購入も出来て言うことなさそうに見えるのですが、ちゃんと選ばないと全然儲からなかったり、途中で運用をストップしてしまうような投信もあるのです…。

また、投信は一旦買ってしまえばあまりすることもないですし、初心者が少額から始めるのはイイのですがつまらないと言えばつまらないです。

時々評価額を見て、「自分のお金が増えてる!」と嬉しくなるかなくらいです。

特に注意が必要な手数料の話

特に投信の手数料には注意が必要です。

投信には3種類の手数料がかかります。

買う時にかかる購入時手数料購入する銀行や証券会社による
保有している間かかる運用管理費用
(信託報酬)
保有している間ずっとかかる
0.1〜2%と色々
解約する時にかかる信託財産留保額ゼロのものもある

それぞれの手数料についてざっくり理解しておきましょう。

購入時手数料

購入時手数料は投信を購入する時にかかる手数料です。

私達が投信を購入する際には、厳密に言えば販売会社⇒運用会社⇒信託銀行…と経由して各社の株や債券を購入することになります。

購入時手数料はこの図で言うところの販売会社に支払う手数料になります。

投信の商品自体は運用会社が作っているのですが、同じ商品でもいくつかの販売会社で購入することが出来ます。

販売会社は窓口となる銀行や証券会社で、例えば「投信A」という商品は楽天証券でも三菱UFJ銀行でも購入出来るけど、「投信B」は楽天証券でしか購入できない、という場合もあります。

そしてこの販売手数料はこの窓口となる販売会社、すなわち証券会社や銀行に支払う手数料なので、それぞれの証券会社や銀行によって異なります。

なので「投信A」は楽天証券で購入刷れば手数料無料だけど、三菱UFJ銀行で購入すると1%手数料がかかる、なんてこともあるのです。

一般に銀行の窓口などで購入するよりも、楽天証券やSBI証券などのネット証券で購入する方が、購入時手数料は無料のものが多くなります。

運用管理費用(信託報酬)

運用管理費用は投信を保有している間毎日少しずつひかれていく手数料です。

少しずつひかれているのであまり気にならないかもしれませんが、投信を持っている間はずっとかかるコストなので実は一番大きなコストになります。

そしてこの運用管理費用は、商品によってかなりばらつきがあります。

安いものは年0.1%程度ですし、高いものは数%かかるものもあります。

たかが数%と侮ってはいけません。

投信は平均して年7~10%も利益が出ればかなり良い方ですから、毎年数%手数料がかかるということはこの利益が数%減ってしまうということです。

複利の効果でこの数%の差は後のリターンに大きな影響を与えます。

信託財産留保額

最後に信託財産留保額は、これは投信を解約(売却)するときにかかる費用のことです。

投信はみんなから集めたお金をプロが株などに投資して運用しているのですが、誰か一人が解約する場合は今運用している株などを一部売却してお金を返すことになります。

その時にかかるコストを一時的に負担するために辞める人が置いていく「迷惑料」にあたるのが信託財産留保額になります。

とはいえ、信託財産留保額もゼロで運用されている投信は多くあります。

ちなみに、いずれの手数料も「手数料が高い=儲かりそう、上手く運用してくれそう」ということはないので、投信を買う時は出来るだけ手数料の低いものを選ぶようにしましょう。

投資信託はどこで買うのがいい?

ネット証券、なかでも楽天証券がおすすめ

前述のように、投資信託は「販売会社」を通じて買うことになるのですが、この販売会社にあたるのが証券会社や銀行です。

一般にネット証券会社は窓口業務の人件費やコストがかからない分、購入時の手数料などのコストが安くなっているので、インターネットが使える人はネット証券で購入するのが良いでしょう。

ネット証券会社も沢山ありますが、私は楽天証券、SBI証券、マネックス証券の3つの証券会社の口座を持っています。

そしてこれから口座開設をして投信を購入するのであれば、一番おすすめなのは楽天証券です。

というのも、楽天証券は楽天カードを使ってクレジットカード決済で投信の購入が出来ます。

そして購入した分だけ楽天ポイントが1%分貯まります。

貯まったポイントは楽天市場のお買い物で使うことも出来ますし、ポイントで更に投信を購入することもできます。

私も少し前までお買い物はAmazonですることが多かったのですが、楽天は楽天カードを持っていると数〜10%くらいのポイントがつくことも多く、尋常じゃなくポイントが貯まるので最近はすっかり楽天でお買い物をすることが増えました(*´艸`)

楽天証券や楽天カードのお得な使い方については別記事でも紹介していこうと思いますが、とりあえずこれから投信の積立をしようと思っている人は楽天証券の口座を真っ先に開設(つみたてNISAの口座が良い)、ついでに楽天カードも作ってしまうことをおすすめします!

NISA/つみたてNISA、iDeCoでも投資信託は買える

最近は資産運用ブームというのもありテレビや電車の広告などでも頻繁に「NISA」「iDeCo」などの言葉を聞きませんか?

この二つはこれ自体が資産運用の商品というわけではなく、簡単にいえば「資産運用する時に利用するとちょっとだけ税金がお得になるシステム」のことです。

NISA、iDeCoについても詳しい仕組みは長くなるので別記事で解説することにしますが、これらは利用するデメリットが(ないわけじゃないけど)少ない良いシステムです。

NISAやiDeCoの口座で投信を購入することも出来るので、とりあえずつみたてNISA口座とiDeCo口座両方作っておくと良いと思います^^

まとめ〜投資信託について〜

今日は資産運用初心者さん向けに、「投資信託とは何か」というところから始まり、投資信託が初心者におすすめの理由やデメリットなど紹介してきました。

次の記事では実際に投信を買う時にはどんなポイントに気をつけて買えばよいのかをまとめています。

投資信託って何?資産運用初心者には投信の積立がおすすめ

それでは、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です