特化ブログの作り方・続け方のコツ!ネタが尽きやすいのをどうすれば良い?

最近はブログを使った副業はかなりメジャーになってきましたし、自宅で出来ることから副収入を狙ってブログを始める人も増えました。

新しくブログを始める人は雑記ブログで始める人・特化ブログで始める人色々ですが、一般に特化ブログの方が収益は出しやすいと言われています。

ただ一方で、特化ブログのデメリットはネタが尽きやすく、続けづらいことです。

稼げると聞いて特化ブログを作ってみたものの、10記事、20記事と書いたところで書くことがなくなって力尽きていませんか?

競合が多いジャンルだとアクセスもなかなか上がらず、収益もほぼゼロが続いてしまうのでモチベーションが下がってしまいますよね…。

そこで今日はそんな特化ブログの良さを残しつつ記事を増やして収益化につなげるコツを紹介していきます。

特化ブログで稼ぎたいけどなかなか稼げない!何書けば良いか分からない!という方には参考になるかと思いますので読んでみてください。

特化ブログが雑記よりも稼ぎやすい理由

そもそも雑記ブログでも稼げるのか?

ブログで稼いでいるアフィリエイターさんは沢山いますが、結論からいえば特化ブログで稼ぐ人、雑記ブログで稼ぐ人どちらもいます。

つまり雑記ブログでも稼げるのか?の問いに関しては間違いなくYESです。

http://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-smile.png
エイミー

ただ、私自身の体感でいえば「稼ぎやすい」のは間違いなく特化ブログです。

雑記ブログの良い点は、なんといっても続けやすいこと、何を書いても良いのでネタが尽きにくいことです。

最近はブログ×SNSの親和性が高いですから、SNSで影響力を持てるようになればそこからのバズや流入を狙って大きく稼ぎやすくなります。

一方で最近のgoogleの検索アルゴリズムは専門性を重視すると言われていますから、色々な記事が登場する雑記ブログは損だとも言われています。(Googleの詳しいアルゴリズムは不明な部分も多いので、実際のところはわかりません。)

またSNS発信しながらの雑記ブログは出来るには出来るんですが、結構際立ったキャラクターやカリスマ性が要求されますし、そもそもSNSである程度影響力のあるアカウントにするのが難しかったりします。

イケダハヤトさんなんかは有名ですけど、なかなかこれから始める初心者があの領域に到達するのは難しいでしょう。

特化ブログが稼ぎやすいわけ

前述しましたが、Googleの検索アルゴリズムはサイトの専門性を重視すると言われています。

ですのでテーマを絞った特化ブログは雑記ブログに比べて評価されやすくなります。

またこの「専門性」の評価方法の一つかとは思うのですが、Googleアナリティクスなどで分析していて感じるのは、おそらく直帰率(記事を見てすぐに離脱してしまう人の割合)が低い記事ほど、Googleからは評価されやすい傾向にあります。

つまり、

「専門特化ブログ」=読者に知りたい情報があるので直帰率が低くなりやすい

ということです。

直帰率が下がれば自分のブログから2ページ目、3ページ目へと回遊してくれる人も増えますからPVも自然と上がってきます。

Googleの検索を考えなくとも、読者のことを考えてもやっぱり何かを調べたり悩みを解決したいと思ってブログを訪れているわけですから、その時点で読者の欲しい情報量が多いブログの方が嬉しいに決まっています。

専門特化されたブログは読者にとっても信頼されやすいブログになるんです。

特化ブログのデメリットは続けにくいこと

一方で、特化ブログの最大のデメリットは続けにくいことです。

どうしても書ける内容が限定されてしまうので、よほどその分野に精通したひとでないとネタが尽きやすくなってしまいます。

アフィブログは稼ぐのが目的なら「稼げるジャンル」で記事を書くのが原則ですから、収益を得るための特化ブログを作るのであれば自分の好きなことで記事を書けるケースもなかなかありません。

みんな稼げるジャンルの広告案件を徹底的に調べたり、場合によっては自らアフィ記事のために実際に体験して記事を書いていくわけです。

ただ、例えば「脱毛」案件を取るにしても複数の脱毛サロンに行くのは無理ですし、脱毛に関する内容を素人が調べながらに書いていてもすぐにネタ切れしやすいんですよ。

収益は記事数に正比例するものではないですが、あまりに記事が少ないとやはりアクセスのあるブログにはなりません。

体感ですが、基本のライティング技術を身につけた上で渾身の記事を書き続けたとしても、そこそこGoogleから評価されてアクセスが集まり始めるのは40〜50記事が最低ラインです。

よほど元からその分野について語れるくらいの知識を身につけていないとなかなか50記事、それも内容濃く、かぶりのない良記事を書くのはなかなか大変そうに思いませんか。

特化ブログで記事数を増やして差別化するコツ

と、こんなことを書くと特化ブログで稼ぐのは難しそうと感じるかもしれませんが、ここからは私なりに特化ブログで記事数を増やしていくコツを紹介します。

外注という選択肢

まず、これはコツでもないのですが外注という選択肢があることも知っているといいかもしれません。

とはいえ、ブログで稼ぐコツが分かってくればサイト設計をしっかり行えば外注費を使ったとしてもそれ以上に稼げるブログを作れるようになってきますが、初心者にはなかなかハードルが高いですしやめた方が良いでしょう。

かくゆう私も、実はまだ外注サイト作成には挑戦したことがないんです。

実はこれからの目標でもあるのですが、なかなか自分が満足のいく記事を書いてくれる外注ライターさんを見つけるのが難しいです…。

これはベテランのアフィリエイターさんも皆言っているのですが、どこかからのコピペ記事を持ってきたり、自分で書いてくれてるものの全然クオリティが低かったり…。

というわけで結局リライトに時間がかかって手間が変わらず…というのはよくあるようで、結局私も外注は上手く活用出来ないままです。

ただ、自分一人で作業するにはやはり限界があるので、特化の記事を増やすためにもこれからは外注という手段を活用したいなと思っています。

ターゲット特化を意識した半特化ブログにする

続いて特化ブログを続けるコツとして私がよくやる手法としては、ターゲット特化を意識した半特化ブログにすることです。

どういうことかと言うと、アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルを特化中心に書くのですが、ターゲットが興味ありそうな内容であればアフィのジャンルと直接関係がなくても併せて記事を書いたりします。

例えば看護師さんの転職に関する記事であれば、

・看護師の転職サイトを紹介する記事

に加えて、

・女同士の職場での人間関係の悩みに関する記事(「お局 対応」みたいなキーワードとか)

なんかを書きますし、更に言えば

・夜勤明けにおすすめのスパ施設の紹介(「夜勤明け 過ごし方」)

のような記事も書いてみる。

転職とは関係ない記事ですが、これを検索する人の中には多くの看護師さんが含まれます。

ひょっとしたらサイト内の他の記事にも興味を持ってそのまま回遊してくれるかもしれません。

この人が実際に転職はしてくれなくても、転職に関する記事を読んでくれる人が増えればGoogleからのページ&サイト評価もあがり、転職記事の順位も上がりやすくなるかもしれません。

ただの雑記ブログよりもターゲット特化されてる分直帰率が低くなりやすくなります。

これに加えて別記事でも紹介したペルソナ設定をしっかりした小市場特化ブログであれば、ペルソナが興味ありそうな範囲で少し雑記の記事を入れても良いと思います。

もし若い20代のナースがターゲットなら「恋愛」や「美容」に関することも興味がある人は多いはずなので、「院内 恋愛」とかで病院の院内恋愛事情について調べた記事を書いても良いと思います。

あるいは看護師さんってマスクをしている方が多いじゃないですか?

ですから「マスク アイメイク コツ」とかで、マスクで隠れてるけどアイメイクだけちゃんとして可愛く見えるコツ、とかの記事を書いてみるんです。

私がよくやる手法はこの「ターゲット特化ブログ」です。

自分が売りたい商品を購入する人がどんな人か、その人の特徴を書き出してみてください。

そしてその人が商品以外に興味がありそうな分野、検索しそうな分野を想像して、記事を書いてみましょう。

ネタがきれやすい特化ブログですが、ターゲット特化を意識して半特化として記事を増やすと、なんでも書ける雑記ブログとまではいきませんがかなりブログの内容を深めやすく、ユーザーにとっても興味のある内容の多いブログが出来ますよ。

まとめ – 特化ブログを続けるために

雑記ブログで稼いでいる人もいますが、私は初心者ほどある程度専門性を意識した特化ブログに力を注いだ方が収益は出しやすいと思っています。

Googleアルゴリズムで「専門性」の判定がどのように行われているかは分かりませんが、私はこの方法でレッドオーシャンジャンルでそこそこに戦えています。

稼ぎたくて特化ブログを作ってみたけど、記事のネタが切れてどうしようか迷ってる…という方はこのターゲット特化の半特化ブログで内容を広げてみてはいかがでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です