なぜブログで稼げない人が多いのか?よくある原因と対策をまとめてみた

自宅でも気軽に出来る副業としてブログを始める人が多いです。

ブログで稼いでいる人の収益報告を見ると、「月100万円」「年1億」とか夢のような話がたくさん出ていますね(O_O)

だけど現実にはそんな風に稼げているのはごく少数で、アフィリエイトをやっている人の半数近くは月に1000円も稼げていないのです。(参考:アフィリエイトプログラムに関する意識調査2019)

実際ブログを始めてみたけど全然稼げない…
とりあえず毎日記事を書いてるけど稼げる見込みがない…

などなど、ブログで稼げるようになるには時間がかかるとも言われますが、それをふまえても数ヶ月続けてみたけど全く稼げそうな気配がなくて不安になっていませんか?

私も最近はブログで稼ぎたい人から相談されることも増えて来たので、とりあえず数ヶ月続けてみたけど全然アクセスも増えないし稼げる気配がない…という人によくありそうな原因などをまとめてみました。

このまま続けて良いのか不安な人は、自分の方向性があってるのかな…という不安解消につながるかもしれません^^

稼げないブログによくある原因

記事タイトルや見出しを意識してない

さすがに最近はブログで稼ぐコツみたいなのを調べてるとどこを見ても、

  • 「キーワード選定が大事!」
  • 「タイトルにはキーワードを入れる!」

といった内容が書かれているので、この記事タイトル全然ダメだろこれ…みたいなブログはあんまり見かけない気もします。

ですのでわざわざここで書くのもしつこいと思われるかもしれませんが一番大事なことなのであえて書きます、

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-smile.png
エイミー

記事タイトルは超大事です。

そして記事のメインタイトルは検索に引っかかるために一番大事なところではあるのですが、意外と記事中の見出しにキーワードを入れるのも大事だというのを意識されていない人は多い気がします。

というのも、記事の見出しとなる <h2></h2> <h3></h3> タグの中は、Googleが「あぁこのページは〇〇について書いているんだな」ということを認識するのに使われていると思われます。(私はSEO専門家じゃないので体感です)

なので私は少なくとも <h2> タグの中には、検索で上位表示したいキーワードを意識して入れるようにしてます。

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-komaru.png
エイミー

意識してないと割とよくやってしまうのは<h2>まとめ</h2>とかね。(私も昔の記事見返すとめっちゃやってる)

自分が書きたいことだけ書いてる

「ブログ発信で稼ぎたい」と言ってる人で多いかなと思うのがこのタイプです。

自分が発信出来ると思うネタで、
自分が良いと思うまとめ方で、
自分が伝えたい情報を、

書いてる。

「自分の書きたいことだけ書いてる」系のブログで多いのは「オピニオン系」記事ですね。

「〜についての私の意見」を主張する記事です。

説得力のある記事であればSNSを通して色んな人に読んでもらって拡散されてコメントを沢山貰えることもありますが、正直オピニオン系はマネタイズが難しいです。

他にも「〇〇の体験談」とか「〇〇を経験してみて」のような自分の体験をシェアしたい!系の記事。

SNSで見るとブログとしては良い記事だなぁと思うものもあるのですが、じゃあ稼げるかというと結構微妙だったりします。

稼げるブログにするためには、

  • おすすめする商品を決めて
  • その商品を買う人、サービスを利用する人がどんな人かを考えて
  • その人が必要となりそうな情報を書く

というのをベースに考える必要があるのです。

収益化ブログを作る時に抑えておくべきサイト設計の具体的なやり方とコツ

これは別に怪しい商品を勧めるのが一番!と言ってるわけじゃなくて、「広告ありき」でそれをセールスするために必要な記事を書くのが大事なのです。

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-smile.png
エイミー

自分が書きたいことを書いて、そこにマッチしそうな広告を貼るんじゃなくて、「商品・広告ありき」で記事を書くのが大事です。

そもそも発信できるほどの知識&経験を持っていない

前述のように「自分の経験や考えをシェアしたい!」という気持ちで体験記事を書いているのはまだ良いんです。

だけど最近副業ブログの流行もあって、特に発信出来るような突出した部分もないのに「〜について私が思うこと」のようなオピニオン記事ばかり書いてたり、中身のないブログも多いなと思ったりします。

オピニオン系じゃなく知識系のブログでも、インターネット上に転がってる情報を切ってつないでるだけのブログになってたりですね。

やっぱり「情報発信」でマネタイズしようと思ったら少なくともその分野において「平均より上」くらいの情報は得てからにしないと…だと思うのですよ。

別にエキスパートにならないと発信しちゃダメとは言わないです。

初心者目線での疑問点とか、どんなところでつまづいたか、などの視点って読者からすれば必ず需要があります。

だけど初心者なりにその分野について発信していくのであれば、その分野の本を何冊かは読んでみるとか、実際に体験してみるとか…くらいの努力は必要です。

とりあえず「ブログでの情報発信」で稼ぐぞと中身のない自分個人の意見をあげるのは論外、何か発信出来るジャンルを決めて、とりあえず超初心者⇒初心者になりたい人に教えてあげられるくらいの知識をつけましょう。

そもそもマネタイズしにくいテーマで書いてる

ブログは稼げると言われているんですが、どんなテーマ・特化ジャンルで記事を書くかによってどのくらい稼げるか、マネタイズしやすいかどうかがある程度決まってしまいます。

例えば私の本業は医者なのですが、医学情報というのは一生懸命正しい情報を伝えてもかなりマネタイズとの相性が悪いです。

そもそもとして、医学的に正しい情報を発信しようとするとおすすめ出来るアフィリエイト商品(健康系とか)なんてありません。

しいて言うなら妊婦さんへの葉酸サプリくらいでしょうか…

怪しい健康食品を売るような記事は書こうと思えば書けると思いますが、さすがにこれは自分の良心も痛みますし、書けません。(Googleで健康系ジャンルの順位が上がりにくいというのもありますが)

また同じ医療者向けに病気の解説記事を作る(例えば研修医向けの心電図の読み方講座とか)という手段もあって、これってアクセス集めるのは簡単なんですけど、こういう専門的な情報を求めて来てるユーザーって大体自分の疑問が解決するとすぐにターンバックしちゃうんですよ。

つまり、アドセンスすらもほぼクリックされません。

今のGoogle検索でなかなか一般の人が優良情報にたどり着けないのは嘆かわしい状況ではあるのですが、健康系は個人サイトの上位表示も難しくなってるし一生懸命記事を書くインセンティブが少ないので私はあまり書きません。

あとはSNSなどを使ってぐんと有名になって本を書いたり取材を受けたり…などの手段もありますが、実名顔出しのリスクもあったり、中途半端な知識で戦えないので難易度としては高いです。

「収益を生む記事」と「アクセスを集める(けど収益にはなってない)記事」の両方が存在することもありますが、その場合はアクセスを集める記事から収益を生む記事にどうやって誘導するかの動線をちゃんと考えないとダメです。

雑記すぎる

完全な特化ジャンルでブログを書くのはなかなか大変ですが、雑記すぎるブログで稼ぐのはなかなかに難しいです。

ブログのカテゴリーが、

  • ガジェット (2)
  • 子育て (3)
  • 映画 (3)
  • 投資 (5)
  • 医療 (1)


のように統一感がなくて、各カテゴリー毎の記事数も数記事しかなかったりすると、例えば「投資」の情報を読みたくて来てくれたユーザーはそれ以上自分の欲しい情報がないと思うとすぐに離脱してしまいます。

記事数で勝負する「雑記ブログ」で稼いでる人もいるのですが、正直副業でやるのにはコスパが良いとは思えないし、多くの人は「雑記」と言いつつもある程度何かに特化させてる例が多いと思います。

私個人のおすすめは「稼ぎたいなら特化ブログ」なのですが、特化だとすぐにネタ切れしちゃう…という人には「ターゲット特化ブログ」をおすすめしてます。

特化ブログの作り方・続け方のコツ!ネタが尽きやすいのをどうすれば良い?

ある程度ターゲットとなる読者を意識した上で、その属性の人が興味ありそうな内容であれば少しジャンルと離れた内容でも書いていくスタイルですね。

例えばこのブログは「ブログで稼ぎたい人」向けの情報を載せていますが、こういった人って多分何かしらの理由で本業とは別の収入が欲しい人だと思います。

ブログ意外にも自宅でできる副業や投資に関する情報は載せても良さそうですよね。

特化にするメリットの一つは「ブログに来てくれたユーザーの回遊率をあげること(=直帰率を下げること)」なので、ターゲットとしているユーザーが興味を持ちそうな話題であれば完全な特化じゃなくても良いかなというのが私の意見です。

だから例えば子育て中のお母さん向けのブログなら、「家事時短のコツ」や「子育ての悩み」「ママ向けのオシャレ」などの情報に加えて「節約」や「リモートワークの副業」に関する情報は載せても良いと思います。

逆に子育てママがターゲットのブログに、女一人旅の記事や、ガジェットオタクばりばりの「おすすめモバイルバッテリー」とか載せても興味ある人は少なそうですね。

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-smile.png
エイミー

あまり雑記すぎるブログはなかなかアクセスアップにつながらないと思うので、何かしらに特化しましょ。

「ブログで稼ぎたいなら〇〇しろ」論への反論

「とりあえず100記事書け」論

ブロガー界隈でよく語られる神話、

「とりあえず100記事書けば稼げるようになる」

これはまぁ全否定はしませんが、闇雲に100記事書いてもダメかなと思います。

確かにブログは最初から稼げるような記事を書くのは難しいので、とりあえず慣れるためにある程度いくつかの記事を書くべきなのは間違いないと思います。

私も偉そうなことを色々書いてますが、稼げるブログを作るまでに、1円にもならないようなゴミ記事も沢山書いてきました。

たくさん記事を書く経験をしている間に、反響のある記事や、どんな検索ワードで自分のサイトに訪れてきてくれているか、そしてそのユーザーはどんな情報を求めているか…など、色々な分析が出来ます。

そしてその分析を生かして少しずつ記事をブラッシュアップしていく…という作業をすることで、少しずつ収益化させるブログに近づきます。

「とりあえず100記事書け」は、「習うより慣れろ」とほぼ同意で、「理論ばっかり集めるよりは、記事の書き方に慣れる意味でとりあえず記事を書き始めてみよう」に近いかなと。

それで記事を書きながら改善点とかを探していくところに意味があるのですね。

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-komaru.png
エイミー

「100記事書けば稼げるようになる」という意味ではなく、「とりあえず100記事くらいは書いてみないと稼げないぞ話はそれからだ」と思います。

「1記事あたりの文字数は1000文字以上書け」論

えーっと、これについては確かにGoogleの検索アルゴリズムである程度の文字数が多い方が検索で上位表示はされやすいようです。

ただ文字数自体が評価されているよりも、「ユーザーの滞在時間」が関係しているのかなという気はします。(これも私は専門家じゃないので体感です)

ユーザーが時間をかけて読む記事=有用な記事

という解釈でしょう。

つまりはとりあえず文字数意識して増やしたところで、訪れてきてくれたユーザーに読まれなければ意味ないわけです。

結論から言うと「文字数気にしてるようじゃダメだよ」と思います。

「読者がこれを知りたいだろうなと思う情報を全部書いてたら気付いたら4000文字だった」

みたいな感じが正しくて、ぶっちゃけ私は記事書く時に文字数を気にして書いてないです。

むしろ必要な情報書いてたらめっちゃ長くなってきて、読み返しながら無駄な部分とかあれば削っていきたいです。

なので「1記事あたりの文字数は1000文字書け」というよりは、

むしろ文字数なんて気にせず、その記事を読むユーザーを思い浮かべて、その人が知りたいだろう情報を過不足なく載せる意識をしましょう。

さいごに – ブログで稼げない人が多いのは諦める人が多いから

色々書いてきましたが、こういうのを見るとブログで稼ぐって大変そうですよね…

それでも多くの人がブログで稼ごうとする一番のメリットは、

金銭的リスクがないこと

だと思います。

ブログ運営には元手となるお金もほとんど必要ないし(サーバーやドメイン代などでもせいぜい数万円)、投資などと違って失敗したからといって大金を失う可能性もありません。

金銭的なリスクはゼロに近いんです。

ノーリスクで始められる分、挫折もしやすいのがブログです。

新しい事業を始めるために銀行から数千万のお金を借りていたら、ちょっと上手くいかないからってすぐに諦めるわけにいかないでしょ?

でもブログは金銭的リスクがないから簡単に諦められてしまう。

ただし、金銭的なリスクはないけれど機会喪失のリスクはあります。

つまりブログに多くの時間を費やしたけれど、結局稼げなかった、その時間でバイトや他のことをしていればもっと稼げたかもしれないのに…という機会喪失リスクです。

「自宅でできる副業」として便利だけど、「楽に稼げる」「コスパよく稼げる」ものでもないのがブログなのです…(初期は特にね)。

それでもブログってやっぱり楽しいから私は好きです。

記事を読んで「役立ちました」と言ってもらえると嬉しいし、そこに金銭的なインセンティブがつくとなおさらやる気もアップします。

私はもうすぐ産休&育休に入るのですが、Googleのアルゴリズム変動で大きな打撃がない限り、お仕事のお休み中もブログが働いて稼いでくれます(*・ω・*)

失敗したからといって大きなダメージもないし、私はこれからもブログは続けていくつもりです。

ただ闇雲に続けてもダメですが、ブログで一番大事なのは継続することです。

https://from-zero-asset.com/wp-content/uploads/2019/12/prof-normal.png
エイミー

色々書きましたが、自分なりに試行錯誤しながら頑張ってブログを続けてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です